「いつまでも愛されたい・・・。」キレイでいるためにできることを考察ブログ

 

 

女性であればいつまでも愛されたいですよね??

 

私はいくつになっても「オンナ」として見られたいので美意識だけはけっこう高いほうだと思います(笑)

 

そんな私アラサー女の美についてのブログを開設しました!

 

まずはそうだなー、大好きなアロマオイルについてご紹介しますね!

 

 

こんな時はこれ!アロマオイルの選び方

・ローズマリー

さっぱりとした清涼感のある香りになります。どうしても疲れがとれず、体調がスッキリしないときにおすすめのオイルになります。血行を促進し、冷え、むくみ、肩こりなどの筋肉の緊張を緩め、うっ血からくる痛みを改善してくれます。
消火器を元気づけて便秘も改善してくれます。差し込むような痛みの腹痛にも有効になります。朝、吸入を行うと効果大ですね。

 

・サイプレス

スッキリとした格調高い樹々の香りになります。気分をリフレッシュさせて精神安定効果大です。からだの機能を正常に保つように働きます。体液のバランスを改善してむくみ、静脈瘤に有効です。疲れてだるい足を楽にしてくれます。けいれんを抑える働きがあるため生理痛もやわらげてくれます。更年期障害ののぼせや発汗も抑えます。

 

・ゼラニウム

うっとりさせる甘い香りが特徴になります。心とからだから余分なものをとって浄化してくれます。イライラをしずめて気分を高め心のバランスを整えます。血行を促し、むくみや頭、首、肩、腰の痛みを和らげます。ホルモンバランスを整えて特に月経前症候群(PMS)のイライラや生理不順、更年期障害にもおすすめになります。

 

・ペパーミント

ご存じ、スッキリ爽やかなミントの香りになります。心身を解放させて、無気力な心を元気にします。うっ血を取り除き、むくみを改善します。不必要な汗やほてりを鎮めて血行をよくするため、頭、首、肩、腰の痛みを緩和してくれます。吐き気、むかむかにも有効ですね。月経前症候群(PMS)の心の不快感やからだの不調にも有効になります。

 

・ローマンカモマイル

りんごのような甘酸っぱい香りです。子宮のあらゆる不調に効果大になります。鎮痛作用に優れて生理痛や月経前症候群(PMS)の腹痛を和らげます。さらに心身のバランス調整作用にも優れていてストレスに関係する不調にも有効になります。胃腸の働きを正常にしてストレス性の胃痛、下痢、便秘を改善します。

 

・マジョラム

すっきrとすがすがしいハーブの香りになります。「温める」がキーワードのオイルになります。ほっと心を温め、気分を落ち着かせて安眠に導きます。からだを温め血行がよくなり、生理痛をやわらげます。頭、首、肩、腰の痛みにも有効になります。月経を正常化する作用もあります。たまったガスを追い出して便秘改善効果もあります。

 

・ローズ

ご存じ、甘くやわらかなバラの香りになります。女性のための万能オイルになります。気持ちを高めて幸福感を与えてくれます。月経前症候群(PMS)、更年期症状のイライラに有効です。子宮強壮作用もあって、ホルモンバランスを改善します。血行を促進してけいれんを抑えるために、生理痛にも有効です。すべてのお肌に最上のスキンケア効果をもたらしてくれます。

 

・ジュニパー

すっきりとしたすがすがしい香りになります。体内のクレンジングがキーワードのオイルになります。血行促進、むくみ、静脈瘤、冷えの改善に定評があります。肩こりや腰痛など筋肉の痛みもやわらげます。消火器に働きかけ、ガスを追い出し、おなかをすっきりさせて下痢をしずめてくれます。足浴で使うと汗が出てからだが温まります。